初期費用を安くする|用途に合わせて物件が探せるリストサザビーズとは
積み木の家

用途に合わせて物件が探せるリストサザビーズとは

初期費用を安くする

家とお金とそろばん

アパートを借りる際に、借り手は家賃以外にも敷金・礼金というものを払うのが通例になっています。敷金というものは、借り手が借りている部屋を壊してまま部屋を出て行っても大家が負担なく修理できるように予め預けておくお金です。なので、借り手が退室時に大家が修理が必要と判断すれば、敷金から修理費代を差し引いて借り手に返しますし、修理が必要ないと判断すれば敷金は全額借り手に返ってきます。一方、礼金というのは借り手が大家に対しての感謝の気持ちで、伝統的なものでマナーみたいなものです。ありがとうの気持ちを込めて渡すものなので、返ってくることはありません。借り手に返金されることのないお金として、仲介手数料というものもあります。不動産会社もアパートの部屋を紹介するための手間をかけているので、その分借り手から報酬をもらっています。敷金・礼金・仲介手数料だけで、家賃の半年分くらいの初期費用がかかることもあります。しかし、中には仲介手数料無料という物件もあり、用意しなければならない初期費用を低くすることもできます。

仲介手数料無料とすると、不動産会社にとって報酬がなくなってしまいますが、中には借り手ではなく大家から報酬をもらっているところもあります。この場合、大家の負担は大きくなりますが、空き室のままであるよりは住人を見つけて家賃を払ってもらった方が得になります。また、不動産会社自らが所有するアパートの場合、不動産会社が大家であり仲介というポジションもなくなるので仲介手数料無料になります。不動産会社の報酬は家賃から得られることができます。仲介手数料無料とするのは、仲介が不在であるか借り手が見つけやすくなるという理由になります。借り手が見つけやすくなるという理由で、礼金も敷金も無料にしている物件もあります。ただ仲介手数料無料だけでなく敷金・礼金も無料となると、それだけ借り手が見つかりにくい物件である可能性もあり、周囲の環境がよくないというケースもあるので、住みやすさを事前に確認しておくことが大切です。